観光客を取り込もう【インバウンド需要を高める方法】

ニュース一覧

日本で求められているもの

男性

他国との差別化を図るには

「インバウンド」と聞いて皆さんはどのようなことを思い浮かべますか。その一例として、近年中国人の爆買いが一度話題として様々なメディアに取り上げられたことが挙げられると思います。彼らの多くは日本の良質な製品の購入はもとより、日本の観光名所と呼ばれる各々に観光に来るインバウンド需要の原石としても知られています。訪日観光客は東京オリンピックを迎えるにつれてますます増加していくと思われます。その絶好のチャンスをしっかりとインバウンドに結びつけるべく、今日本は「おもてなし」の心が問われています。その例として、都市部以外に観光に来ようとされる訪日観光客需要に対する宿泊施設、観光名所等への案内が挙げられます。各観光客に対する英語や中国語等の通訳ができる従業員のサポート体制が必要になると思われます。また観光名所に対する幅広い知識や理解がより潜在的なインバウンド需要の火種になりえます。その為、観光に関わる企業の社内研修等にて語学の勉強会を開き、英語やその他の言語にも対応できる必要があります。そして外国人にとって日本はどのように見えているのか、訪日観光客がどのような情報を求めているのかに対する深い理解が、「おもてなし」の日本として今後求められていくと思われます。サービスにおいて訪日客を心から掴むことができれば、東京オリンピックが過ぎてから失速する日本ではなく、それを起点に日本という「おもてなし」ブランドにて、他国と差別化を図ることに成功すると思われます。

Copyright© 2018 観光客を取り込もう【インバウンド需要を高める方法】 All Rights Reserved.